忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 11:27 】 |
獄中日記四
留置場の生活の続きを書く。
といっても、ほとんど書けた。
前回は楽しみについて書いたが、不便な点を書いてみる。(当然といえば当然だけど)

まずは身体検査。留置場から外にでるたびに、体中を触られ、口の中から足の裏まで調べられ、また戻ってきても身体検査。
金属探知器も毎回登場。 もちろん留置場からでたら手錠に腰紐つきだ。
手錠は冷たい!
あとはトイレの度に「紙くださーい」といい、終わればまた呼んで返す。
っと服装はかなり規制があり、筒状のものや、紐などの類いは全て使えない。
愛用の腹巻きも、たまたまつけていた、ふんどしもだめで、紐靴もだめ。
よく考えたら筒状じゃない衣類なんて存在しない気がするけど・・。

あとは、一度、強烈な閉塞感に陥り、口から内臓がでそうになった。発狂しそうだったが、なんとか落ち着くことができた。
誰でも軽いノイローゼになるとはちらっと聞いたが、同じ場所に居ることと、同じ場所に居さされることは全く違う。ちょっと外をみたいな~とかほんのちょっとした自由が全くないのだ。
なんだか動物園の動物の気持ちがよくわかった気がした。ある意味、残酷ではある。もっと人と動物の関係が良くなったらいいなとか考えたりした。
あと動物もそうだけど、ユダヤ人の強制収容所など、凄まじく恐かっただろう。
長い人は留置場に三ヶ月とか居ると聞いたが、歯医者にもかかれず、僕もほとんど毎日下痢だったが、食事の悪さは、健康的な暮らしとはいえず、少しずつでも改善したらいいと思った。ちなみに刑務所は麦飯らしく素晴らしいと思った。
なんだか不満点ばかりあげたが、被疑者だからといって最低限の暮らしは必要だし、被疑者には全く悪くない人も居る。

今回、十一日間を房にて過ごしたが、もう二度と経験したくないと思った。
釈放され、手錠なしで誰にも束縛されず大地に立ったとき、自由に生きることの素晴らしさを感じた。

釈放のためには身元引き取り人を呼ぶらしく、父親に来てもらう。
会社に迷惑をかけたため、謝罪し、帰路に発つ。
以上

今日の日記。
今日は朝からバイト。午前中は製品の荷の積み込み。コンテナにぎゅうぎゅうに詰まった製品入り段ボールをパレットに綺麗に積み上げる。こういう作業はめちゃ得意で汗だくで楽しく働けた。が、渋滞により予定より遅くなり、次の仕事先までチャリを飛ばしたが、一分遅刻。昼飯を食べる間もなく一時間チャリこいでくたくただ。
しかもわるいことに、着いた会社から作業場がさらに遠く、ここから家に帰ることになる。
結局今日は三十キロ以上も自転車で走りまわった。
PR
【2012/03/27 22:15 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<潮干狩り | ホーム | 獄中日記三>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>