忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/23 00:26 】 |
吉野!!
昨日は睡魔に勝てず、日記途中でやめてしまったため続きを書く。

葛駅から、電車で吉野方面へ移動し、再び自転車にて東吉野村のほうへ走る。

途中、団子の押し売りにあったり(笑)何人かの人と出会いながら、大和宇陀紙を作ってるとこへおじゃました。
今日は休みらしく、電話したら紙は売ってもらえるとのこと。 とても親切にしてくださり、一時間くらいも居てしまった。

今回の和紙は、来月、小学校での講演に向けて、紙芝居風に絵を交えて説明出来ればと考えたためで、紙芝居にしてはかなり薄い紙になるが、六枚分で三千円ほどだ。
一般的な画用紙に比べると十倍近くするかもしれないが、そもそも紙は高価なものだし、それほど大量に必要ではないため、違和感は感じない。
製造工程についても説明していただいたが、まさに気が遠くなるような作業で、楮の木から紙になるのはほんの数パーセントにしかない。
さらに今回は、母校での講演で、旅後に初ということもあり、草木染めの和紙の箸袋に入れた吉野杉の祝い箸をサービスで子供達に贈ることにする。
紙屋さんでは、たまたま沢山割りばしがあり、無償でわけて戴いた!なんとも有り難いことで、感謝。
草木染めの和紙もまた貴重品だが、子供の感性を育めたなら安いもので、あけび、藍、よもぎ、ねむのき、の四色を求めた。も吉野には欲しいものが揃っていて嬉しい!吉野葛のお菓子にはありつけなかったが。。
PR
【2013/05/08 22:53 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<奈良県内の図書館まわり。 | ホーム | 吉野!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>