忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/28 23:14 】 |
金屏風
今日も一日作業を。
午前中はあっという間に過ぎ去り、材料の打ち合わせと買い出しのみ。
買い出しは以前から狙っていた屏風を購入。。これについてはかなり悩んだ。
屋台許可のための間仕切りは必要だが、ビニールは使いたくないし、かといって板張りではそれなりの重量にもなるし、作るのも手間取る。
そこで屏風に目をつけた。軽くて、綺麗に折り畳め、さらに大きさも丁度良いし絵があるのも面白い。

しかし、なかなかいいものがなく、高価だったり、大きさが足りなかったり、絵が気に入らなかったり。

結局は金屏風にしてみた。ちょっと豪華絢爛で、描いていた雰囲気と違う気もするし、嫌味な感じがしなくもないが、日没時は蝋燭などで灯りをとるため、小さな灯りも金は優しく光を拡げてくれるし、銀色にはない温かみもある。太陽の色と言えなくもない。
えらい凝るなあと言われるかもしれないけど、総檜造りの大八車を眼の前にすれば、半端なものは付けられない。
っと、そう言えば屋号も決めないと。
かなり悩んだが『だんご茶屋 單』
で今のところ。
單はひとえと読むが、単衣なら裏がないの意味になり、一重や単なら、重ならないこと、そのものだけであること、難しくないこと、を意味する。
ひとえというとよく『これもひとえに皆様のお蔭です。』と使うが、この意味はそれに尽きるとなるみたい。さらに、ひたすらに、一途にという意味がある。
ただ、漢字が、『一重に』ならいい感じだけど、この場合は『偏に』になるみたいだ。。これは偏食などでよく使うが、偏ったというあまり良くない意味になるのはちょっと。。
結局は後付けで意味なんてなんにでもなるのだろうけど、『ひとえ』て日本らしいきれいな響きだなあと。だいぶ女っぽいけど。。
ちなみに、最初考えたのは『団子屋 団十郎』汗 。



PR
【2014/01/19 09:12 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<ゆっくり。 | ホーム | 構想。。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>