忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/20 13:01 】 |
二十四日の日記。
八時頃に道の駅から出て、すぐそこの広めの歩道で炊飯する。その後、物産店に行くと、冷奴と漬物をだして戴いた!感謝の朝食。こちらでは高千穂町の広報の方に簡単に取材していただいた。その後、少し坂を上り、役場教育委員会へ行くが、図書担当は中央公民館内らしい。ちなみに役場までの坂で苦しんでたら、おばあさんが「押しましょうか?」と心配してくださった。公民館まではさらにきつい坂で、やけくそで登る。もう膝がおかしい。力がはいらないし痛い。公民館ではしっかり対応していただけたが、ちょっと疲労にてイライラしてしまった。反省。その後、五ヶ瀬町へ。この峠は意外ときつく、天気も良すぎて暑いため相当な体力を使った。五ヶ瀬町では九月から図書室が新しく出来るみたいで、ちょうど準備中だったが、担当者には本もみてもらえ、置きたいといってくださった!疲れもとれます。その後は椎葉村方面を目指すが、相当な距離があるため途中、どこかに野宿する。まずは峠越えて久々の熊本県の馬見原に行く。途中、学校の先生に声をかけてくださり「あなた
が~」「世界がもし③~」貸し出し。っとその後、差し入れをくださった。感謝。っとさらに小学生に「くまともり~」貸し出し。そろそろ本の種類も減り申し訳ない。 馬見原は、今は普通の山奥の集落だけど、かつては交通の要所らしく、かなり栄えていたらしい。当時の旅の詩人も「分け入っても、分け入っても、青い山ばかり」と詠んだらしいが、うなずける。まだ夕方で明るく、悩んだ末、次の集落、鞍岡まで行くことにする。が、思ったよりきつい坂があり、時間がかかる。っとおばさんに声をかけてもらって、なんと!使ってない立派なログハウスを使わせて戴けることに!もう暗い坂道を自転車押して、多数のあぶにたかられながら、まいっていたため、本当に有り難い。さらに夕飯まで持ってきてくださり、恐縮。
PR
【2011/08/26 09:56 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<二十五日の日記。 | ホーム | 本日の日記。>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>