忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 11:15 】 |
日常生活
日記は、夜に書いていたが、なかなか一人じゃなかったりで、書く時間が作りにくかった。

生息地の岡崎市では、棲み家はなく、公園にハンモックで一泊。
もう寒く、せめてテントが欲しい!

なんともよく働いてくれたのか、それとも足を引っ張ってくれたのか、とにかくお疲れ様の水車は、となり町の友達の家に置かせてもらえることになる。
となり町まで二十キロくらいだが、途中でいい感じの紙店があり立ち寄る。

お店は今で五代目らしく、店内には、洋紙はもちろん、和紙も豊富に揃っていた。
年賀ハガキを作るための紙が欲しかったが、さすがにその厚みのものはなく、結果、二枚を張り合わせて作ることに。
片方は、木の皮入り無漂白の機械漉きの低価格な紙。もう片方は、木の皮入りの金額の四倍以上と上等な、手漉きで、漂白された紙にした。
さらに、お店では裁断もしてくれるとのことで、これはめちゃくちゃありがたい!
もちろん有料だけど、二枚でハガキ一つのため、五百枚以上を手作業で切り分けるのは、大変だ。

苦労すると思われた年賀状も今年はなんとかなりそうかな。

水車を預け終えると、本当にホッとした。旅を終えても水車を引いてたんでは、休まらないし、『本を貸してください』と言われれば困る。実際にあったけど(笑)
PR
【2012/11/15 08:13 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<帰郷 | ホーム | 最後?の修理>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>