忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/20 12:58 】 |
本日の日記
蚊帳に小さな穴を開け、そこからハンモック用の縄を通し、ほぼ蚊の侵入を阻み、毎晩の攻防戦に終止符をうった!つもりが、その穴から入ってくる始末。。さらに朝からむしむしする。体は鉛のようだ。 まずは飯塚市ちくほへ。九時半開館と少し有り難い。文書書いて時間をつぶし、いざ!っと蔵書有りだった汗、一応調べたが。でも新聞と一緒に紹介してもらえることになり来て良かった!っと次が桂川町。しっかり話を聞いてくださり有り難い。次がかま市碓井へ。こちらでは同市山田の、担当者を呼んでくださり恐縮。こちらも熱心に聞いてくださった。次が川崎町へ。こちらも温かい対応していただいた。ここらではバテバテで声がうまくでなかった。少し休ませていただき、次が添田町。こちらは小山の上だったので自転車は下に置いて。こちらも館長さんに話を聞いてくださった。さらに下まで降りてきてくださり写真を撮ってもらう。温かい対応!っとこちらでは「三発目の原爆」という本を展示されていた!気になって読むと、戦後まもなくの話で、のどかなこの
田舎町で、五百トンの火薬を日本軍が保管していたが、米軍が処理することになり、なんとひとつの山が真っ二つになる凄まじさで爆発!この山間の小さな町で百人以上が亡くなったとのことで筆者のお父さんは筆者をかばい、体中が裂けて即死し、筆者も大怪我を負ったが助かったとのこと。 こんなことが戦後まもない日本各地であったのだろう。 ここの図書館から南に十キロと方向も違うため、現場へは行かなかったが、その方角をみて合掌。 次が大任町。閉館のはずがたまたまなにかトラブルでまだみえたため、話を聞いてくださった。ここで本日終わり!道の駅が近くのため今夜はそちらで。っと北九州の大学の先生に「あなたが~」「世界がもし4」貸し出し。さらに近所の家族に「もったいない」貸し出し。やばねむい!
PR
【2011/08/02 22:37 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<八月三日の日記 | ホーム | 八月一日目日記>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>