忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/06/29 14:42 】 |
飲む日(二十四日の日記)
この日は朝六時に起きて手伝う。朝食も七十人ほど。。。朝は三時、四時から厨房は動いていて大変だ。少し寝坊だな。
 昼食はカレーライス。比較的手間はかからないが、僕は泣きながら、玉ねぎ、ジャガイモをひたすら切る。
 昼の片付けが終われば、枕崎から来た友達が来てくれて宮崎までいき、飲んかたをする。
 友達は、素潜り漁をしていて十九日もダイビングのお客さんが出たいからと無理して出航したそうだが、やはり危険な波のため引き返したそうだ。
 そしてこれは宮崎方面はもっとひどいだろうと、もし僕が出航していたらもう会えないだろうと思っていたらしい。
 その後も、漁師さんの事故の話をいろいろと聞かせてくれた。海に出るのは本当に命がけなんだなあとつくづく感じた。

 飲んかたは昼過ぎからはじまり、夜は宮崎市内に飲みに連れて行ってもらった。気持ちよく眠り、街のなかであらためて「助かったんだ」「生きてて本当によかった」と感じる。

 数日後、実家に帰ったらまずは両親に謝らなくてはいけない。と、ともに、産み育ててくれたことに感謝していると話します。
PR
【2011/09/25 19:43 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<民宿最後の夜! | ホーム | 労働の日(二十三日の日記)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>