忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/23 00:14 】 |
○○の女
ひょんな事から、マルサの女2を観た。
もうニ十五年前の映画だが、はずかしながら、ちゃんと観たことがなかった!
映画はそれなりに良く観た時期もあったが、特に邦画は時代物以外はあまり興味がなかった。

ん?そーいえば、旅中は『寅さんみたいやな〓』とよく言われて、鹿児島で寅さん好きの漁師さんとよく呑んだ後にDVDを観させてもらい、日本人の心 みたいなものを感じ、魅了されたのを思い出した。つまり寅さんシリーズも最近初めて知った。

話はマルサに戻るが、感想は『なんでもっと早く観なかったんや!』の一言で、正直、アニメになるが、ジブリシリーズよりも凄い!!と感じた。

やはり何でもそうだけど、だから?何?て考えることはある。ただ、楽しかった、怖かった!面白かった!だけではつまらなくなる。
なぜ、それを作ったのか?製作者の想いが伝わってきた時、有意義であると感じて、作品に深く魅了される。
マルサは脱税、ミンボーは民事介入暴力、スーパーの女では、食品偽造から食の安全、さらには商いとは何か?まで掘り下げられていてまさに社会問題の提起だと感じた。
また、そういった重苦しいテーマを扱いながらも、高い娯楽性があり、めちゃくちゃ面白かった。
もし、伊丹さんが御存命であれば、今の日本においてどのような映画を製作されるだろうか。
ドキュメンタリー映画は最近流行みたいで僕もちょくちょく観るけど、やはり娯楽性てのは、凄い力があると感じた。

若い人くらいかもだけど、伊丹十三監督の映画、まだの人は是非御覧ください。
PR
【2013/07/31 00:07 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<知らなかった! | ホーム | あつくない夏!?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>