忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/17 05:49 】 |
八日の日記
八日は、昨年より予定していた東京での用事に行ってきました。

今回は、仕事を休んでの移動で時間的余裕が無かったため、高速バスでの移動とした。

東京は一年ぶりだ!
今回は、『百年の愚行』を制作された、シンクジアースプロジェクトの上田さんに会いに行った。

会社との接点は、旅を始める前、『百年の愚行』と出合った直後にあったが、上田さんに直接お会いするのは、今回が初だ。

午後一にお会いし、旅の完了報告と、改めて、旅に出るきっかけについての話を聴いて下さった。

上田さんにも『百年の愚行』制作中の苦労話などを語って頂いた。

一時間ほどの会話だったが、何度も胸があつくなった。
本題は、旅の最終、昨年夏の四国は愛媛県にて発覚した、『百年の愚行』普及版の在庫切れ!についてだ。
愛媛の図書館では、『すぐに注文します!』と発注していただいたが、どうやら在庫がないとのこと。
以前からそういったウワサは耳にしてきたが、これは一大事!!
出版社に連絡すると、やはり在庫切れみたいだ。
ただし、普及版でない大型本の方はまだ在庫があるようで、制作会社に連絡をとのこと。
早速連絡をとると、上田さんより、大型本については、いくらか寄贈してもいいと有り難い話を頂いた!

もちろん申し訳ない気持ちも大きい。そして図書館への説明も難しくなる。
つまり、『寄贈してもらえるなら貰います』という図書館がやはり多く、どんな本かすらあまり興味ないような対応をされると、『結構です』とこちらから断りたくなる。
こうなってくるともう、電話でええやん。。となる。
なにせ大型本は一冊、一万八千円もするのだ。
寄贈を申し出て下さった制作会社に敬意を表すためにも、こちらもおいそれと図書館に話はできない。

そんなこんなで、結局は大阪、奈良、和歌山、三重で二十箇所の図書館に寄贈することに決まった。

ということで、話を戻し、上田さんにお会いするのは、二十冊の写真集を受け取るためでもある。

上田さんは郵送するよとは言って下さったが、そうはいかない。
が、重たすぎて、結局は全て郵送してもらう 汗

上田さん、シンクジアースプロジェクトさんに心より感謝。

夜は、都内の知り合いに、プチお疲れさま会を開いて頂いた。
なんとも申し訳ない贅沢をさせていただく。
日本酒で気持ちよく、また話に熱中してたら、高速バスの時間になる。
新宿駅初のバスやから、新宿駅前で飲んでたが、二十分みていたが、バス停が見当たらない。。。
ということで、一般的な洋服の女性と、羽織袴の男、着流しにコートの男の三人が新宿駅あたりを全力疾走するはめに。汗

結局、バス停は工事の影響で、代々木駅前に移動させられており、時計は五十五分! 五分くらいなら。。!バスが無いっ(泣)
残念ながら、置いてきぼりとなる。

新年早々、やらかしてしまった。。反省する。一緒に居た方にもかなり迷惑をかけてしまった。
にしてもバス停遠すぎるぞ。でもこれからは前もって場所を調べます。
PR
【2013/01/14 11:25 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<お年玉の日 | ホーム | 謹賀新年>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>