忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/20 13:01 】 |
今日は先月から約束していた団子ツアーに行ってきた。場所は雨天でクルマになったため、混雑する大阪は避けて、奈良県にした。比較的奈良のほうが郊外に点在し、大阪は市内から北部に団子屋が集中するようだったためだ。
まず最初は法隆寺町の団子屋へ。法隆寺の駐車場の係員さんに訊いてわかったが、狭い道で少し入ったとこで分かりにくい。しかも、まさかの休み。。今日は日曜ですけど。
気を取り直して二軒目、田原本町の団子屋へ。
こちらも場所が分からずというかネットで検索して場所を確認せず走るため迷う。途中、お茶屋さんがあり尋ねると町内に団子屋は無いと年配の店主さん。
うーん、ネットで詳しく調べると国道沿いの日産の向かいと分かり、店主さんに見せたら、どうやら最近できたような印象だった。
こちらでは美味しい緑茶を淹れて下さった。感謝。
時間は昼前。いよいよ団子を食べられる!とお店発見。真新しいプレハブの店舗は、ブラインドがかかっている?なんと休み。。日曜ですけどね。
ちょっと団子屋不信になりながら、三軒目茶屋へ。
此方は桜井市の駅前にある団子屋。場所も分かりやすく、年中無休とは素晴らしい! もう昼の一時で腹ペコだ。 店内は広く、一番奥では、店員三名が昼飯を食べていた。焼き魚が美味しそうだ。っとちょっと無理かなと思ったら、大丈夫らしく、みたらし団子に五平餅を注文した。七十円と百円で安い!団子の魅力の一つは手軽な値段といえる。出来上がりは思ってたより早く、まずは団子から。うーん、単純に冷たい。味はわるくないけど、やはり加熱不足のため、固く香りも少ない。五平餅は団子のショックであまり記憶にないが小型でピーナッツ入りだった。
まあ、やっと口にした一本のため、印象的だったが、すぐあとにみえたお客さんが、隣でアツアツの団子を食べていたのでなおさらだった。おそらく、いや、間違いなく旨いはずだ。羨ましく思いながら、愛想はいい店員さんに切ってあった柿を戴いた。柿は美味しい汗
ちなみに餅米率を訊くと、団子はうるち米のみ、五平餅は餅米入りだが比率は企業秘密とのこと。
やっと食べれた団子がいまいちだったので、テンションはあまり回復しないが、美味なる団子を求めて、宇陀市菟田野にある団子屋へ。こちらへはさらに山に入るため躊躇したが、ネットではお世辞抜きに旨いとのことで向かった。国道沿いで店構えも立派なため見つけやすい。団子屋というより和菓子屋さんだが、みたらし団子販売のための空間も別にあり、力を入れているのがわかる。こちらでも袴姿で入店したため、色々と尋ねられたが、何かの取材などではないと分かると少し緊張がほどけたようで色々と話してくれた。
団子は、温かかった!夏場以外ならこれは大切だと思う。温かいと、湯気とともに醤油タレの香りも鼻に入ってきて、さらに団子自体も柔らかい。タレは和菓子店らしく、甘口だが、上品さもある。友達は桜井の店のが団子の生地は旨いとのことだが、これだけ温度差があると判断不能だと思う。値段は確か八十円。お茶はほうじ茶の給湯器があり、ちゃんと陶器で飲める。店主さんとは、今日の出来事を話したが、日曜休みについて、小さな子供のいる家庭かもしれない、とのこと。確かに日曜じゃないと子供を遊びに連れていけない。まさかの団子屋の日曜休みについては家族愛を感じた。その他には近くに国宝の神社の御祭りなど教えてくれたり、お客さんとの出逢いで嬉しかったことまで教えてくれた。さらに試食の水羊羹を出して戴いた。美味しいが、暦は立冬。訊けば、このあたりでは、今が水羊羹の旬とのことで、なんと不思議でびっくりする!どう考えても夏に向いていると思うけど。
美味しい団子と楽しい会話が出来て、気持ちよく移動し、つぎは橿原市内の団子屋へ。こちらはきな粉団子だが、みたらしにちょっと飽きたため、あしからず。このあたりは何度も来ているが、場所が非常に分かりにくい。良心的に割りと遠くから電柱などに小さな看板が出ているが、どうにも曲がるタイミングが分かりにくい。仕方ないのと、食べたいのとで、たこ焼き屋さんで注文しながら道を尋ねる。なるほど、近いが曲がるのが遅かったみたい。団子の合間のたこ焼きは旨い!と感心しながら、ようやっと団子屋到着。流石、県下随一ともいえる有名店で行列が出来ていた。が、こちらはタレに浸けてからきな粉と混ぜて、串に刺すため、焼くよりも早く、あっという間に、はけていく。僕らが手にしたときには、丁度お客さんが一組で、店内で食べるならとお茶を出してくれた。団子も旨いが、お茶もびっくりする美味しさ!薄めのほうじ茶だが、香りがなんとも新鮮というか鮮やかで清々しい。静岡茶らしいが、こんなほうじ茶は飲んだことがない。いいお茶をさっき焙じたばかりのよ
うで、苦味がまるでなく、透明感がある。天晴れ。
まだ行くつもりだったが、もう夕方でいろんな意味で満腹のため今日は終了。
PR
【2013/11/11 00:12 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<夢その弐 | ホーム | 馬鹿な日々>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>